諭吉佳作/menたち

書きたいことを書きたいように書くかもしれないし書かないかもしれません

夢 (昼) in 2019.8.13 のメモ

そのつもりはなかったが就寝〜

 

    食卓に美味しそうな料理が並ぶ中で、大きな生のトマトが二つ置かれていることだけが気がかりだった。トマトはあまり得意ではない。しかしその二つがわたしのノルマであることは明白だった。何より、そのトマトのうち一つは目を見張るほどの緑色だった。もう一つは健康的な赤色なのに。その二つのコントラストは奇妙で、ピーマンのように緑色のトマトはグロテスクで、どうしても食べられなかった。


    いつの間に、増田さん(仮名)の家にいた。増田さんは県外に住んでいて、そもそも増田さんの家に行ったことはなく、家族を見たこともなかった。

    お邪魔してすぐに、わたしはお手洗いを借りたくなって、増田さんの親であろう人に向かって「お手洗いを借りても……」と呟くと母親であろう方が対応してくれて、一つの扉の前まで案内してくれた。

    その扉を開けると前左右にまた扉があり、どれを開ければ便器に辿り着くのかわからなかった。しかしその扉の配置はわたしの自宅とまったく同じだったため、根拠もなく、自宅と同じように、前の扉を選んだ。すると案の定そこに便器があり、なんのために便器にありつきたかったのかはもうわからなくなっていたが、わたしは非常に安堵した。

 


    いつの間に帰る段になって、玄関で靴を履こうとしていたが、目の前に例のトマトが現れて、これを食べなければ帰られないという雰囲気になった(実際にそんなことを言われたわけではないし、そもそもその家の人に出されたわけではなく、急に現れた)。どうしても食べる気にはなれなかったがとりあえず緑色のトマトを持ち上げると、それは土で派手に汚れていた。怖くなって皿ごと持ち上げると、泥を纏ったわたしの靴もそこに一緒に置かれていた。

    何が何だかわからなくなり、いつの間に(この夢にはいつの間にが多い)横にいたわたしの姉とともに、どうして帰ろうかと相談していた。

    途方に暮れるわたしに、ここで姉以外の唯一の知り合いである増田さん本人は、わたしの存在に気がついているのかいないのか、奥の奥の部屋で何かの演技をしていた。

 

〜起床

 

 

測るな